島村楽器 奈良店 シマブロ

島村楽器 奈良店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

【初心者向け】アコースティックギターの選び方をお教えします!!

皆様!こんにちは!
最近手足の冷えが尋常では無いくらい酷いアコースティックギター担当田中です。笑

さて、今回は奈良店に御来店されたお客様の悩み事の中で1番多かった

初心者のためのアコースティックギターの選び方をお伝えします!!
とは言っても、様々な楽器屋の店員がいる中でこれだ!というセオリーはございません。
ですので、私、田中流の選び方を伝授致します。恐らく1番簡単に好みのアコースティックギターを探し出す事ができますよ!

最初のアコースティックギターを選ぶ、3つのポイント

それでは私が”初心者で、これからはじめる社会人”と仮定して進めたいと思います!

さて、どんなアコギにしようかな…(田中視点)
f:id:shima_c_nara:20160127163443j:plain

その1 色で決める

まず大事な事は、値段ではございません!部屋の中にアコースティックギターがあるというイメージを膨らませることです!
イメージして、どんな見た目だったら「弾きたい!」と思うのかを想像してみてください。
値段の事は見ないようにして、店内に置いてあるアコースティックギターをくまなく見てください。そうすると自然とこんなのがいいなというものが出てくるはずです。
私は木の本来の色が好きですので、
この中の、
f:id:shima_c_nara:20160127164327j:plain
この4本をまずは選びました。
f:id:shima_c_nara:20160127164302j:plain

その2 形で決める

色が決まりましたら次は形です!
アコースティックギターは様々なボディの形がございますが、大きく分けて3種類ございます。
ドレッドノートタイプ
f:id:shima_c_nara:20160127164402j:plain
アコースティックギターの基本の形とも言われています。
特徴は大きなボディですので音量が大きく、豊かな響きを味わうことができます。

○フォーク・ウェスタンタイプ
f:id:shima_c_nara:20160127164430j:plain
ボディのくびれがドレッドノートよりもあり、小ぶりですので、女性の方や、小学生、中学生の方にオススメです。
特徴は小ぶりですので持ちやすく体にフィットしやすいです。

○カッタウェイタイプ
f:id:shima_c_nara:20160127164502j:plain
主にエレキアコースティックギターだとこのタイプが多いです。
特徴はライブがしたい方、バンドの中でアコギを使いたい方は問答無用でこのタイプです。

私は休日に自分の好きな曲を良い音色で弾きたいと思ったため、ドレッドノートタイプにしました。
f:id:shima_c_nara:20160127164228j:plain

その3 実際に音を聴いてみる

色と形が良くても、音が好きでないと楽しくありません。
ですので一回音を聴いてみましょう!
「えー!初心者だから音の良し悪しなんて全然わからないよ!」

いえいえいえいえ、分かるんです!

皆様最初はそう思われるのですが、いざ聴き比べてみますと驚かれます。音の違いが分かるんです!
アコースティックギターは木材の違いでかなり音が違うんです!
木材がうんたら…と書いてしまうとややこしくなるので、ここでは書かないでおきますね!(聞きたい方は是非お店へ笑)

ただ、1番ここで肝心なのは、どの音が好きなのか選ぶのではなく、この音なんだ〜と知ることです。
選ぶことは良いことですが、同時に迷いが生じてきます。すると、何がどう良いのか分からなくなってしまいます。負のスパイラルです…
最初は音に拘らず、部屋の中で自分がそのアコギを持ってその音色で練習している姿をイメージして下さい!

どうですか?めきめき早く欲しい!と思いますよね!

私は2本のドレッドノートタイプを聴いてよりこの音色だったら続けられ”そう”だと思った、JamesのJD400にしました!
f:id:shima_c_nara:20160127164628j:plain

私はギターを選んで決めた時は凄く愛着がわく瞬間だと思います。
3つのポイントを抑えることで簡単にアコースティックギターを選ぶことができます!
ただ、誰かの評価が欲しいなぁって思った時はどうぞご気軽に店員にお申し付けくださいね!
私たちも一緒に愛着がわく瞬間に携われたらと思います!

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.