読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 奈良店 シマブロ

島村楽器 奈良店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

弦楽器フェスタの楽器紹介Vol.2

楽器アドバイザーの山﨑です。
私が欲しくなった楽器を紹介させていただくコーナー。
2回目は弓です。
弓は軽んじて見られることが多いです。
しかし!美しい音を出すのは右手です。良いバイオリンを使っても、奏者が技術があっても、弓の性能によってはその魅力が半減したり、それ以上の効果が得られたり・・・
私自身も不思議に思いますが、弓を変えると弾けないフレーズが弾けたりしますし、音が力強く出たりします。
さあそんな不思議な弓を御紹介いたします。

バイオリン弓 ウーシャー 1925年 販売価格¥1.404.000(税込)

弓の歴史をみたときに重要な弓メーカーが3つあります。
すなわちトルテ、ぺカット、サルトリー。
そのサルトリーに師事し、彼の技術や木材を受け継いだのがウーシャーという人物です。

奈良 弦楽器 バイオリン ビオラ チェロ 弓

奈良 弦楽器 バイオリン ビオラ チェロ 弓

奈良 弦楽器 バイオリン ビオラ チェロ 弓

この弓も見た目から入りました。毛箱が変わってるんです。普通は黒いですが、白い!
象牙を使用しているようです。
あと、ヘッドの形が滑らかなカーブですが、スワンヘッドと呼ばれる形。私この見た目が好きなんです。
音を出してみると・・・!!
最初に感じるのは、弓を動かしてから音になるまでの反応の速さ!普段弾いている弓が遅いと意識したことはないですが、こんなに感じ方が違うものとは・・・。
そして私がいつも練習していて弾きにくいと思っているフレーズを弾いてみると・・・完璧にとは言えないまでも、ちゃんと音になり、音符が繋がっていく・・・形になっていく・・・
自分で自分の演奏に酔いしれそうになってしまいます。
いくら頑張って練習してもうまく弾けないところが、弓を変えるだけで弾けてしまうと、練習しなくても良いんじゃないか?と思ってしまいますね。
ただ、ちゃんと意識を向けるべき音楽的表現に専念できるということも事実・・・!
なんていう一人問答を延々と続けてしまいそうなので、この弓はこの辺にしておきます・・・
楽器フェスタに遊びに来られたら是非、お試しくださいね!
楽器フェスタは6月8日(日)21:00まで開催しております。お待ちしております。

楽器アドバイザー 山﨑

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.